top of page
検索
  • swingcapitalinc

パーソナルジムSwingが解説!ストレートネックを改善には【パーソナルジムSwing学芸大学店】

こんにちは!パーソナルジムSwing学芸大学店です。 今日は、現代の多くの人々が抱える問題である「ストレートネック」をパーソナルジムでどのように改善できるかについてお話しします。


パーソナルジムSwingが解説するストレートネック改善方法


ストレートネックとは?

ストレートネックとは、本来湾曲しているはずの頸椎(首の骨)がまっすぐに近くなってしまう状態を指します。 この状態は、長時間のデスクワークやスマートフォンの使用によって引き起こされることが多く、首や肩の痛み、頭痛、めまいなどの症状を伴うことがあります。


ストレートネックを改善するトレーニング方法

ストレートネックの改善には、首周りの筋肉を強化し、姿勢を整えることが重要です。以下に具体的なトレーニング方法を紹介します。


チンタック(首引き込み)

①壁に背中をつけ、頭をまっすぐにします。

②あごを引き、首を壁に近づけるように引き込みます。

③5秒間キープし、リラックスします。

これを10回繰り返します。首の前側の筋肉を強化し、後方の筋肉を伸ばすことで、首の自然な湾曲を取り戻すのに役立ちます。


ショルダーブレード・スクイーズ

①椅子に座り、背筋を伸ばします。

②肩甲骨を後ろに引き寄せ、肩を下げます。

③5秒間キープし、リラックスします。

これを10回繰り返します。肩甲骨周りの筋肉を強化し、姿勢を改善することで、ストレートネックの予防・改善に効果的です。


スタンディング・ネック・エクステンション

①立った状態で、背筋を伸ばします。

②手を頭の後ろに置き、軽く押します。

③首を後ろに反らし、5秒間キープします。

これを10回繰り返します。首の後ろ側の筋肉をストレッチし、前側の筋肉を強化することで、自然な頸椎の湾曲をサポートします。


トレーニング前後のストレッチについて

トレーニング前

動的ストレッチを行い、筋肉を温めましょう。例えば、肩を回したり、首をゆっくりと左右に回す動作がおすすめです。


トレーニング後

静的ストレッチを行い、筋肉の緊張をほぐします。特に、首をゆっくりと前後左右に伸ばすストレッチが効果的です。


最後に

ストレートネックの改善には、定期的なトレーニングと正しい姿勢の維持が不可欠です。 パーソナルジムSwing学芸大学店では、個々のニーズに合わせたトレーニングプログラムを提供し、ストレートネックをはじめとする様々な身体の問題を解決するお手伝いをしています。


もし、ストレートネックや他の身体のお悩みでお困りの方は、ぜひ一度当ジムにご相談ください。初回無料体験も行っております✨皆様の健康を全力でサポートいたします!

閲覧数:9回0件のコメント

Comments


bottom of page