top of page
検索
  • swingcapitalinc

パーソナルジムSwing学芸大学が解説!スクワットでお尻に効かせる方法

こんにちは!パーソナルジムSwing学芸大学店です!パーソナルトレーニングで初回来店いただいたお客様によくご質問いただくのが、「スクワットでお尻をきたえたいけど、前太ももにばかり効いてしまう」といった内容です。


今回はスクワットでしっかりとお尻に効かせるためのポイントをお伝えいたします。


パーソナルトレーニングジムSwing学芸大学店が解説!スクワットでお尻に効かせる方法

パーソナルジムSwing学芸大学店流スクワット

スクワットでお尻に効かせるためには、足の幅を肩幅より少し広めに設定すると良いです。このようなスタンスは、臀部(お尻)の筋肉により多くの負荷をかけるのに効果的です。また、つま先は外側に向け、膝がつま先と同じ方向に動くように注意してください。


ポイントとしては以下の通りです!


①足の幅は肩幅より少し広めに設定する。

②つま先の向きは外側に約30度程度向ける。

③膝の動きつま先と同じ方向に動かす。

④重心の位置かかとに重心を置き、つま先で押さないようにする。


この姿勢を保つことで、お尻の筋肉に効果的に刺激を与えることができます。 最後までお読みいただきありがとうございました!

閲覧数:1回0件のコメント

コメント


bottom of page