top of page
検索
  • swingcapitalinc

パーソナルジムSwing学芸大学店が解説するダイエットの停滞期について

こんにちは!パーソナルジムSwing学芸大学店です。ダイエットを続ける中で、多くの方が経験する「停滞期」について今回は詳しく解説します。停滞期は誰にでも訪れるもので、うまく対処することでダイエットを成功に導くことができます。ダイエットを始めてみて最初は体重落ちてもだんだん体重が落ちなくなるというのはよくあるパターンです。原因や対処方法について今回のブログで解説していきたいと思います。


▼目次


パーソナルジムSwing学芸大学店が解説!停滞期とは?

パーソナルジムSwing学芸大学店が解説!停滞期とは?

停滞期とは、ダイエットを進める中で体重や体脂肪率が一時的に減らなくなる時期のことを指します。この現象は、一般的に「プラトー(Plateau)」とも呼ばれ、ダイエットの進行を妨げる大きな要因となります。せっかく食事管理や運動を行い始めたのに体重が落ちないとなる、ととてもつらく、メンタル面でも落ち込んでしまい、挫折してしまう方も少なくありません。次の章ではダイエットで停滞期が行ってしまうよくある原因を3つ紹介いたします。


停滞期の原因3選【パーソナルジムSwingがピックアップ】

停滞期の原因3選

基礎代謝の低下

ダイエットにより体重が減少すると、基礎代謝(体が安静時に消費するエネルギー量)も低下します。これにより、以前と同じ食事量や運動量でも体重が減りにくくなります。

身体の適応


ダイエットを続けていると、身体がエネルギー消費を効率化し、少ないエネルギーで活動できるように適応します。このため、減量のスピードが遅くなることがあります。


筋肉量の減少

無理な食事制限や過度な運動によって筋肉量が減少すると、基礎代謝がさらに低下します。筋肉はエネルギーを多く消費するため、筋肉量の減少はダイエット停滞期の一因となります。


パーソナルトレーナーが解説★停滞期を乗り越えるための対策


食事の見直し

バランスの取れた食事: 栄養バランスの取れた食事を心がけ、必要な栄養素をしっかり摂取しましょう。特にタンパク質は筋肉量を維持し、基礎代謝を保つために重要です。


カロリー摂取の調整: 過度なカロリー制限は逆効果になることがあります。適切なカロリー摂取を維持し、必要に応じてカロリー摂取量を見直すことが大切です。


運動の工夫

筋トレの強化: 筋肉量を増やすことで基礎代謝を上げることができます。定期的な筋トレを取り入れ、筋肉量を維持・増加させることが重要です。


有酸素運動のバリエーション

同じ有酸素運動を続けると身体が慣れてしまいます。運動の種類や強度を変えることで、効果的なカロリー消費が期待できます。


休息とストレスの管理

十分な休息: 運動と同じくらい重要なのが休息です。十分な睡眠をとり、身体をしっかりと回復させることで、効率的なダイエットが可能になります。また ストレスは体重の増加や停滞に影響を与えることがあります。リラックスする時間を持ち、ストレスを適切に管理することが大切です。



停滞期中のメンタルケアについて

停滞期中のメンタルケアについて

ダイエット停滞期は精神的にも厳しい時期ですが、以下のポイントを意識してメンタルケアを行いましょう。


焦らないこと

停滞期は誰にでも訪れる自然な現象です。焦らずに、自分のペースで続けることが重要です。


小さな成功を祝う

体重以外にも、体脂肪率の減少や筋力の向上など、小さな成功を見つけて自分を褒めることがモチベーション維持につながります。


サポートを受ける 周囲のサポートを受けることで、孤独感を和らげ、前向きな気持ちを保つことができます。パーソナルジムSwing学芸大学店ではパーソナルトレーニング以外でもお客様と寄り添い、メンタル面でも丁寧なサポートを心掛けて行っております。


まとめ

ダイエット停滞期は一時的なものです。適切な対策とメンタルケアを行うことで、停滞期を乗り越え、ダイエットの成功に近づくことができます。パーソナルジムSwing学芸大学店では、個々のニーズに合わせたトレーニングプログラムと栄養アドバイスを提供し、ダイエットのサポートを行っております!

閲覧数:2回0件のコメント

Comments


bottom of page